満員電車



発車のベルが鳴る もう少しあと少し

ドアを閉めるのを 待っていておくれ

次の電車まで 待っている暇は無い

こいつに乗らなけりゃ きっと遅刻する

  あと5分だけでも 早く起きてたら

  こんなにあわてる事はないと 解っているけれど

  毎日となると それが何故かできない

  挙句の果てとどのつまりは この満員電車



周りはいつもの 見慣れた顔ばかりで

同じ時刻 同じ電車 また同じ車両

乗っているだけで 今日一日中の

エネルギーを全て 使い果たしちゃう

  右を向いたならば そのまま次の駅

  左を向いたら左のまま そのまま次の駅

  息をこらえて シャカリキにリキんでる

  身動きひとつできないよ この満員電車



  ちょっと通してネ ちょっと通してネ

  私は次のその駅で 降りたいのです

  ちょっとやそっとじゃ 降りられそうにもない

  蟻地獄状態の この満員電車